備忘録7

メモ7

キンモクセイ キャラメルコーンみたいないいにおい

紙という媒体は時間をこえて伝えれるもの

しっかりルールさえ作れば有効だと思った。

大学へ行く理由
あえて条件の厳しい方を選んでもっと力をつけるため
(後で)後悔したくないから
やりたいことを見つけるため
大学に行くとどう変わるかを体験するため
→環境、自分など
高専の先生に大学に行ける力があるのなら行っといたほうがいいと言われたため

判断力
してはいけないこと。問題の先送り、これは判断しないことにつながる
主張には必ず責任がついてまわる
権力に身をゆだねると正しい判断ができなくなる
他の人を見て決める→判断停止→判断しない→判断力が欠如

自分でしっかり考える
→文献調べる前に現実がどうなっているか

考えながら新聞を読む→切り抜き→判断力をつける

それでも脳はたくらむ 茂木健一郎 中央公論新社(2007)
脳は自ら意欲するほうへ進化する
→意欲を持って日々を過ごしているうちに、少しずつ変化して個性を開花させていく

集中力が大事
→養うには?
「時間制限」適度の時間の制約

記憶力
「様々なモダリティを総動員する」

勉強「楽しんで」やる
脳は快楽主義者
「気分転換」メリハリ
「学び」の場としてのインターネット
ノーベル文学 フランス哲学者 アンリ・ベルクソン
「学問のすすめ」
学問は蒙を啓き、社会を万人に広く開かれた場所にするために存在する。

脳の基本は「自発性」
人間の脳は空白がなければ創造的にはなれない。

「癒し」とは「全体性を回復する」こと

「そう簡単にラクなどしてやるもんか」 生きている間くらいがんばろう

ノイズの中から意味をひろう

迷っている自分から逃げようとしたら没我の境地に達するしかない。
課題そのものに逃げ込む

メタ認知

イギリス作家
ホラス・ウォルポール
「この世界は、感じるものにとっては悲劇であるが、考えるものにとっては喜劇である」

負のものをあえて正の形で表現する。

努力は継続してこそ意味がある。

なぜ睡眠は必要か
(大)脳を休ませるため
脳のメンテナンス

自分の意見としては
・内臓を休ませる
・身体の疲れを取る
・パソコンでいうシャットダウン
・その日一日のリセット
・矛盾をリセット

なぜ自分の立てた予定や計画をこなせないか
・心の底からそれをやろうとしていない
・自分のせい
・できないことになれてしまっている
・目標が高すぎる(多すぎる)
・必要でないことに自分がいきすぎ
・予定を立ててから行動するまでに時間がかかる
・決断できない
・流されてる
・集中力がない
・想像力がない?


コメントを残す